こちら神保町

TOP>最新情報>第5回 能ワークショップ 報告

最新情報

第5回 能ワークショップ 報告
2010/06/05

6月4日 サクラカフェにて賑やかに行われました。

 

        noh 1.JPGのサムネール画像           noh 2.JPGのサムネール画像

 tsuchiya shuko さんのパフォーマンスが始まります。 まずはビデオで能の舞台をイメージします。

        noh 3.JPG          noh 4.JPGのサムネール画像            

若い女性の面「おもて」です。表面は素手で触ってはいけなくて、脇のあたりを大切に扱います。実際につけると前しか見えなくて、舞台から落ちないようにする為に鼻の穴から下を見たり、すり足で歩くそうです。  

        noh 5.JPG           noh 6.JPG

                                  唄の台本について説明しています。

水色の大きい物を「扇 おおぎ」金色の小さい物を「扇子 せんす」と言い、舞う時・唄を歌う時には道具として使います。また、台本がありますが音の出し方があるだけで、舞い方は直接家元のところに行かないと教えてもらえない、門外不出の「台本」があります。このことが家元制度と言われるものだそうです。新しい話が作られることは無く、過去から伝わる話だけの世界なのだそうです。

                      noh 7.JPG

                 本日使った「面」です。お歯黒もしてあります。

 

  今回はまじめな講義形式でしたがパフォーマンスも用意されることがあり、毎回大好評です。

  次回も楽しみにしたいと思います。

 

 

 

                                                  ねえさん

 

 

 

前の記事「神田三崎町町会 総会」へ | 次の記事「神田猿楽町町会からの報告(婦人部 黒田さん慰労会&親睦会の開催)」へ


このページの一番上へ