ゴーヤの実が成りました☆

こんにちは☆彡事務局のOです!

 

突然ですが…




神保町出張所では、毎年6月ごろから「緑のカーテン」をつくるために、

「ゴーヤの苗」を育てています。



出張所入口の両サイドで育てています。

351EC6BE-4817-4492-8BFB-FD3EBFDBBBE0
EB647DF1-BBF6-42F8-B124-12F6734B0206
2B9A9F70-8DE0-4E0C-AEED-608B0479FD98



そんなゴーヤなのですが…


実は先週あたりから小さなゴーヤの実が成りはじめました(*^-^*)




ef8c6f5916eda21748d7862fff9469f0




b70345f28a30388e3565392d9122aecb




もう少し大きくならないかと、取らずに待っていたのですが



2,3日もしないうちに真っ黄色になってしまいました… (_;)



6b424fe9a749ca40fc6e3543853e8a61



スーパーで見かける程まで大きく実らせるのは、なかなか難しいのですね(-_-;)



緑のカーテンの効果


環境省によると、ゴーヤなどを活用した緑のカーテンをすることにより、

日射エネルギーの約80%をカットする効果があるそうですよ。

すだれの遮蔽率が50%~60%、高性能の遮蔽ガラスでも55%程度だと考えると、

いかに緑のカーテンが優れているかが分かりますよね!



年々夏の厳しい暑さが増していく日本ですが…緑のカーテンなどを活用して

夏を少し涼しく過ごしてみる取り組みをしてみてはいかがでしょうか(#^.^#)



さいごに☆

余談ではありますが…

神保町出張所の緑のカーテンの前にある、

こんな旗をみなさまは見かけたことがありますでしょうか??



CD4BBB06-173C-43AB-B262-14EC0BF952F4


この旗は、「ひと涼みスポット」の目印で、

熱中症予防の休憩場所として神保町出張所の1階のスペースを一部提供しております。

涼しい空間を提供していますので、みなさまも是非ご活用ください\(^o^)


「ひと涼みスポット」とは冷房の効いた公共施設等のスペースを活用して、休憩や水分補給により熱中症を予防するとともに、熱中症に関する正しい知識の普及を図る場所です。