大祓いは年2回、6月と12月の末日におこないます。人々の心身の穢れや罪や過ちを祓い清める行事です。
 三崎神社でも例年通をり神殿の前に茅の輪を設け、多くの人が輪くぐりをしてからをしてから参拝しています。